さっぱりタイプとしっとりタイプ | 草花木果どくだみの知識

さっぱりタイプとしっとりタイプ

草花木果どくだみの整肌化粧水と整肌保湿液には、それぞれさっぱりタイプ、しっとりタイプの2種類が用意されています。

草花木果どくだみによるスキンケアは、石鹸で過剰な皮脂やいらない角質を落とした後、化粧水、
保湿液によってお肌を整えるという手順で行います。

しかし、人のお肌の質はそれぞれです。

スキンケアの後でもすぐにお肌に皮脂が浮いてきてしまうという方もいれば、
乾燥しがちで皮膚表面がカサカサしてしまう人などそれこそ千差万別といってもいい程です。

肌質が全く違うのに、同じ化粧水や美容液を使うのはおかしいとは思いませんか?

草花木果どくだみには、化粧水と美容液それぞれに、さっぱりタイプとしっとりタイプという2種類が用意されているので、
自分の肌質、使用感の好みによって、好きな方を選ぶことが出来ます。

たとえば、皮脂過剰なタイプの人やスキンケア後の使用感にさっぱり感を求める人はさっぱりタイプを。

乾燥しがちな人や、もちもちとしたお肌の感触が欲しいという使用感にこだわる人は
しっとりタイプを選ぶ、といったことが可能です。

勿論化粧水、美容液のどのタイプにも、お肌のうるおいを整え、ニキビ予防の効果があるという
植物成分であるどくだみエキスを配合しており、使用感の違いはあれど効果は変わりません。

草花木果どくだみの特徴であるニキビ予防効果を得るための成分の1つ、トラネキサム酸とグリチルリチン酸塩を
組み合わせた有効成分であるACコントローラーもまた、同じように配合されています。

つまりどちらのタイプを選んだとしても、しっかりとニキビを予防することが出来るということです。

同じ効果を得ることが出来るのに、使用感の違う2種類の化粧水と乳液は、
人や肌質によって使い分けることが出来ますが、その日のお肌の状態によって使い分ける、という方もいるようです。